直流・ベストミックス ECOMINOHOL

北海道工業試験場の見解

(地独)北海道立総合研究機構産業技術研究本部 工業試験場 情報システム部
平成25年民間共同研究報告書より一部抜粋

地球環境破壊の防止を目的とした二酸化炭素の排出削減、2011年3月の東日本大震災による原子力発電所の事故などを背景に各種の再生可能エネルギーが注目されている。2012年7月以降の政府が決めた再生可能エネルギーから得られた電力は電気事業者への売電を目的としているが、商用電源網は発電所の発電量を実需、及び今後の需要予測に基づき厳密に制御されており、出力変動の大きい再生可能エネルギーを受入れる前提にはなっていない。そのため商用電源を不安定にする可能性や電力受入れ枠に十分な余裕が無いという課題に加え、太陽光発電により出力される直流を売電のための交流へ変換する事による変換損失の問題もある。シオン電機では再生可能エネルギーを直流で使用し、不足する電力分のみ商用電源を整流し補う直流電力合成の実用化に取り組んでいる。

この取組は複数のエネルギー源の電力合成が容易、使用エネルギーの順位付けが可能、回路が簡素で効率が良いなどの特徴を有し、再生可能エネルギーの活用法として今後主流になると考えられる小規模分散型発電、すなわちエネルギーの地産地消に適している。

PAGETOP