直流・ベストミックス ECOMINOHOL

エコミノール®の開発支援の推薦

前 北海道建築技術協会会長
北海道大学 荒谷 登 名誉教授(建築環境学)

荒谷 登 名誉教授

食料にとどまらず“電力の地産地消”は、送電損失を最小限にしながら電力を確保し、地域振興を促す安全性の高いエネルギー政策の課題である。

自然エネルギーなど、複数の電力源を直流合成するシオン電機の方式は、電力利用の可視化と共に、全システムを直流化することによって送電損失と変換損失を最小限にし、強弱さまざまな各種電源を余すことなく活用し、不足分を商用電力に頼ることによって、コスト高、短寿命かつ廃棄後の処分に大きな問題を抱えるバッテリーを不要にするなど、そのシステム構成は極めて独創的かつ魅力的な取り組みである。

日本では電力利用の始まりから交流による発電、送電がなされてきた歴史があり、末端で直流変換利用されているため全体として極めて効率が悪く、これらすべてを直流化し効率化することは省エネルギーにかかわる国家的な大事業とされている。

その理想的な転換へのきっかけとしても、エコミノールを用いた複数の電力源の合成と、電力利用末端からの直流化は、今後の日本の国家的な課題とも言うべきで、エコミノールはその突破口としても期待されている革新的な技術である。

もちろん個々の事業化や地域単位の取り組みとしても重要かつ魅力的な取り組みで、豊穣の風土とも言われる日本には、バイオマスを含む多様な自然エネルギーと、その廃棄物をも含む多様な資源があり、これらをその場で電力に変換する地産地消の工夫を引き出す意味でも、その媒体となるエコミノール技術の育成支援は、将来の地域振興につながる大切な課題であると考え、その低コスト化とともに今後の普及にふさわしい支援を期待している。

PAGETOP