直流・ベストミックス ECOMINOHOL

直流ワールドは既に完成していた!

東北大学 大学院環境科学研究科 田路とうじ 和幸 教授

田路 和幸 教授

東北大学とシオン電機(株)の共同研究により、交流電源仕様として市販されているエアコンが簡単に直流で稼働できることが実証できました。これは、我々の身の回りの家電製品が、殆ど直流化されていることを示しています。

多くの方は、直流社会と言う言葉を出すと「電化製品は、交流電力で動いているので現在市販されている電化製品は、使えないので実現は先の話ですね。」と言われますが、今回の実験で、市販のインバータ付き電化製品は、直流で動くことが証明されました。

単に、我々が購入し、利用できる電力が交流と言うだけで、主たる電力が太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー(直流電源)になれば、直流配電して、直流で市販の電化製品を各家庭で作った電力で動かせることができるわけです。そうすれば、交流から直流、直流から交流への電力変換による10%以上の電力損失をなくすことができ、簡単に数10%以上の省エネルギーかつ数10%以上の大幅なCO2削減が可能になります。

このように、現在の生活スタイルを維持したままで、直流を使えば、電化製品で使用する電力の絶対量を10%以上削減できるわけです。このように電力消費が削減できれば、再生可能エネルギーを中心とした生活スタイルへと変更も可能になってきます。

さて、これを経済性も含めて実現できるのが、シオン電機(株)が開発したエコミノ―ルです。エコミノ―ルは、環境性の高い電力を優先的に活用できるのが特徴です。すなわち、再生可能エネルギーを無駄なく利用し、必要電力負荷が大きくなった場合や悪天候の時は、商用電力を最小限購入して生活できるため、電力不足のない生活が保障されます。また、単に商用電力を購入する形なので、電力法の問題も生じません。そのため、蓄電池つき系統連携パワコン導入に必要な電力会社との調整も必要としません。再生可能エネルギーを高効率で直流利用し、電力変換による電力損失の無駄を無くすという観点に立てば、高価な蓄電池を必要としないために、最も経済性の高い装置と言えます。

ただ、費用をかけて太陽光発電やエコミノ―ルを設置した方は、「停電になった時にも電気は使えますね。」と言われると思います。停電時に太陽が出ていれば、太陽光発電の電力は利用可能です。しかし、雲が出たりすれば出力変動しますので、発電量以上の安定な電力を得ようとする場合は、蓄電池が必要になります。では、どの程度の蓄電池を用意する必要があるかということですが、停電時に何を必要とするかを考えてみましょう。多くの方は、情報機器(携帯やスマホ)と照明があれば良いと思います。太陽が無い場合は仕方がありませんが、太陽光があれば、ラップトップパソコンを複数台エコミノ―ルにつないで同時に充電してください。そして、パソコンのUSB端子を経由して情報機器への再充電、さらにUSB端子に接続できるLED照明を利用して下さい。さて、もう少し大量に電力を必要とする方は、平時からエネファームもしくはエコウイルという電力供給とお湯を同時に作る装置を導入して下さい。現状では、後者は前者に比べ安価に導入できます。お湯を沢山利用する方は、後者がお勧めです。両者とも一度は停電しますが、非常時は手動で稼働できるものも市販されています。使用電力は1kW程度に制約されますが、非常時には十分な電力量ではないでしょうか。

さらに将来的にEVが普及し、電力網にEVが直結するようになれば、エコミノ―ルがあれば、EVに蓄電された電力が家庭で利用できるようになり、低炭素型社会と停電の無い暮らしが実現するのではないでしょうか。

PAGETOP